小玉スイカの失敗しない栽培方法

家庭菜園

初めてスイカの苗を育てる

2年前にスイカの苗を買ってきて、畑に定植したら順調に育ちました。

狭い場所だったので、スイカのつるをキュウリネットを使って立体的栽培しました。

実が二つできましたが、二つ目の実が熟すまでにつる枯れしました。

収穫は一つだけでした

写真は収穫できたスイカです。

昨年はプランター栽培で失敗しました

プランターに赤玉土を敷いて水はけをよくしました。

プランターの底に赤玉土を敷いて、その上に「野菜が育つ土」を入れました。

最後に石灰をまぶして土を混ぜました。

プランターの土を一週間ほど

おいてからスイカの苗を定植しました。

スイカの苗をプランターに定植しました。

定植したときはたっぷり水を与えました。

雨水がかからないように

日当たりの良い屋根のある場所に置いていました。

この方法で育てると1か月以内に枯れてしまいました。

枯れた原因は水やりにあるようです。

今年は畑に定植しました

昨年はプランターでのスイカ栽培に失敗したので、

今年はダメもとで、

売れ残った苗を6月終わりころに

スイカの苗を買って畑に定植しました。

スイカは水の与え方がむつかしい

今年初めて黒マルチをして苗を定植しました。

定植した苗の上に苗キャップを付けました。

YouTubeで、スイカ栽培は最後まで苗キャップを取らない。

スイカのつるは苗キャップの下から這わせると解説されていました。

写真は苗キャップの下から、スイカのつるが伸びている状態です。

キュウリネットで空中栽培

スイカのつるが伸びる場所がないので、キュウリネットを百均で買ってきました。

支柱を立ててネットを張り、スイカの弦をキュウリの弦のように這わせました。

あまりに他の野菜と込み合っていたので、

簡単な支柱を縦ネットに弦を絡ませておいただけで、

放置していましたが、スイカに実が付いていました。

畑に定植すると水も肥料も与えないで、

ほったらかしでもここまで順調に育ってきています。

スイカの失敗しない栽培方法

スイカは南アフリカのカラハリ砂漠が原産地です。

それゆえ、高い気温と強い光を好む野菜です。

土壌はあまり選ばないようですが、水はけがよいことが条件です。

私がプランター栽培で失敗したのは、やはり水やりタイミングでした。

水はけはよくしていましたが、水の与え方がむつかしかったです。

サボテンではないので全く水を与えないと枯れます。

水を与えすぎると根腐れします。

今年は畑に土を盛り黒マルチをして土の保温を心がけました。

苗を畑に定植して苗キャップをつけたことで、雨が降っても雨水が入りません。

梅雨時期に気温が下がっても苗キャップである程度保温ができたようです。

スイカの発芽に適した気温は25度から30度と言われています。

スイカの露地栽培では一般的に苗を定植する時期は

地温が15度以上になる5月上旬ころです。

4月に栽培するときはトンネル栽培になります。

私が苗を買って定植したのが6月半ばころでした。

かなり遅く苗を植えました。

スイカは砂漠の植物なので気温が上がってから栽培すれば、

雨水さえ気を付ければ育つと思って栽培を始めました。

今後の課題はスイカの実を大きくするための摘心などの作業です。

追肥をすると病気や害虫被害が出でるのでようすを見ています。

今年は株元の地温を確保して、

雨の水が株本に入らないように心がけえることで

水やりは一切しませんでした。

空中栽培しようとしたのは、

つるが地を這ていると雨で土のはねが病気の原因になります。

病気予防のために、弦を泥はねから守るため空中栽培にしました。

その後はほったらかしで肥料も水も与えていません。

写真は地植えしてほったらかしにしたスイカに実が付いた状態です。

タイトルとURLをコピーしました