セロリの株に何かいるぞ!

昆虫
セロリにいるキイロアゲハの幼虫

越冬したセロリの株に花が咲きました

セロリは12月までに収穫が終わりますが、毎年種があちこちに飛んで自然発生しています。

邪魔にならないので放置しておくと、今年もセロリに花が咲きました。

今年も種が取れるようにそのままにしていると

セロリの茎に奇妙なものが引っ付いていました。

キアゲハの幼虫

幼虫は毛虫のように毛が生えていません。

黄緑色と黒色のしま模様で、じっとしています。

黒色の中にオレンジ色の点が入っています。

よく見かける毛虫は刺されますがこの虫には毒がないようです。

この写真に幼虫が何匹いるかわかりますか?

幼虫がいると最初に気が付いたのは、

大きな見慣れないものがセロリの茎に引っ付いていました。

最初に発見した幼虫は気持ち悪いので幼虫が引っ付いている茎を切り取り捨てました。

今日再び見ると茎にかなりの幼虫が引っ付いています。

ネットで調べると幼虫が羽化するとキアゲハになると分かったので

駆除しないでそのままにしています。

キアゲハの幼虫が食べる野菜

キアゲハの幼虫はセリ科の野菜が好きなようです。

セロリ、ニンジン、パセリ、コリアンダー、ミツバ、パセリ、

他の害虫と比較して他の野菜に被害拡大はしないようです。

ただ、食欲旺盛なので葉を食べつくされるそうです。

他の野菜に幼虫が移りそうにないので、様子を見ることにしました。

タイトルとURLをコピーしました