イチジク栽培

家庭菜園
イチジクの実

イチジクの鉢植えを買いました

イチジクの鉢植えを買いましたが、しばらくすると実がすべて腐って落ちました。

一年経過しました

翌年、イチジクの剪定をしました。

切り取った枝を挿し木にしたところ一本だけ根付きました。

下の写真は剪定した後に葉が付いた状態です。

剪定時期は12月から2月の休眠時期にするのがよいので2月ころ行いました。

鉢植えでは大きくならないので畑に植えました

鉢植えのイチジクは昨年同様大きくならないので、三年目の今年は畑に植え替えました。

下の写真は畑に鉢植えの株を植え替えた時の写真です。

畑に植えてから実がつくようになりました

鉢植えの株を畑に植えると実が大きく育つようになりました。

昨年鉢植えのまま育てていると、これくらいから実が腐り始めました。

イチジクの実が熟してきたので収穫しました

大きくなり熟した色になってきたので収穫しましたが、あまりに身が軽い!

不思議に思い包丁で二つに切ってみると中身がかすかすになっていました。

どうも水不足と肥料不足だったようです。

挿し木をしたイチジクは急成長しました

鉢植えのイチジクを剪定した枝5センチくらいを挿し木にしました。

挿し木にして今年で2年目です。

今年は秋に収穫できるように挿し木で育った株は剪定をしませんでした。

やはり鉢植えより畑に植えたほうが管理も楽です。

水やりもしなくても勝手に大きくなりました。

ところが大きな実が一つできてましたが、鳥に食べられました。

食べた後の実を観察するとおいしそうに熟していました。

鳥は食べごろをよく知っています。

食べられる果実が育ってくると鳥の対策が必要になってきました。

下の写真は挿し木をしたイチジクが成長した姿です。

イチジクを剪定した切り口には保護が必要

イチジクの枝を切るとそこから雑菌が入ってくることもあります。

それを防ぐために、切り口にはトップジンMペーストを塗りました。


タイトルとURLをコピーしました